メインイメージ画像

運送を行う会社の実情はドライバー不足で困っています

通信販売や引っ越し、様々な荷物を届けてくれるような運送会社では、多くの人物が様々な仕事に従事しています。

運送会社の中でも一番活躍しているのが、車を運転して荷物の運送を担うドライバーです。ドライバーと一口でまとめても受け持つ荷物や乗車する車によって様々な種類があります。大型トラックを運転して長距離運送を担当する長距離トラックドライバーや、拠点から拠点までの運送を担当する中距離ドライバー、荷物を送り先へと届ける配送ドライバー、特別な荷物の運送を担当する専門ドライバーなど、一つの会社でも様々なタイプのドライバーが働いています。

運送会社の運転手になるには、適応する車の運転免許を保有していなくてはいけません。例えば、大型トラックのドライバーであれば大型の免許が必要となります。しかしながら、近年は運送業界全体でドライバー不足が叫ばれており、普通免許で入社後に会社の負担で大型免許の取得を支援してくれるケースも増えています。特殊ドライバーの意味は、運送会社の中でも選ばれた人のみが出来る仕事です。

業務は高い運転技術が絶対とされる荷物の運送で、高価な美術品および骨とう品、動物園や水族館からの依頼による生物の運送、生きたまま鮮度を保って運ばなくてはいけない海産物などの特別な荷物を運送する専門家です。

ドライバーと並んで運送会社で活躍しているのが、物流拠点での荷物仕分けの担当者です。集積所や配送基地と呼ばれる運送会社の物流拠点には、国内各地から大量の荷物が日々集められます。

多いときは一日で数万個にものぼる荷物を仕分けしますが、一つでも届ける先を間違えてしまっては一大事です。万一の間違いを防ぐために仕分け業務は徹底的なシステム化が進められており、専門端末を用いてラベリングを行って仕分けのミスなく正確に荷物が届け先に運送されるように、日々の業務が行われています。その他にも倉庫の管理業務や配達の受付や顧客応対、伝票管理や営業など運送会社では多くの人たちが労働しています。

更新情報